はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第66話の女性のスマート・キャリア的テーマは「プランド・ハプスタンス・セオリー」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん
JUGEMテーマ:女性の生き方

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

毎週木曜日は出張でお泊りだけど、

今週は1泊追加で土曜日にセミナーに出てきました。

 

2泊して家に帰ると家事がてんこ盛りですゆう★

 

しかし体は疲れている・・・・・・・・

見て見ぬふりをして、寝るのが一番です(;´∀`)

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリア・コンサルタント目線で分析していきましょう。

 

今日のテーマは「プランド・ハプスタンス・セオリー」です。

 

直訳すると、

 

「計画された偶発性の理論」

 

なんのこっちゃさっぱりわかりませんよねあ

 

これは、クルンボルツという方のキャリアの理論なのですが、

もう少しかみ砕くと、

 

「人の一生を計画することは難しい。

人生の多くは偶然の積み重ねである。

でも、何か新しい出会いやチャレンジしたい気持ちを持ち続け、

周りで起きていることに興味を持ち続けていると、

思わぬチャンスに出会うことがある。」

 

大体このような解釈ができます。

もう少し解説すると、

 

「アンテナを張ることなく、何に対しても興味を持っていなければ、

気づけないこともたくさんあるけど、

自分がなりたい姿をイメージし、それに関する情報に敏感になっていれば、

偶然めぐってきたチャンスに気付き、ものにすることができる。」

 

という内容です。

 

まさに今回の常子がそうでした。

 

鞠子や美子が溜めておいてくれた求人情報を

全てあたってみても採用されることがなかったのに、

前職の給仕のおじさんがくれたキャラメルを包んでいた新聞の

求人広告の会社に行って採用されたんですから。

 

偶然のチャンスをものにした瞬間です。

 

Okeiもそんなことが何度もありました。

 

そのうちの一つを紹介しましょう。

 

今の大学講師の仕事は、たまたま目にした、

大学内キャリア・カウンセリングの仕事の求人がきっかけでした。

 

派遣会社を通して就職課のカウンセリングの仕事を半年して、

翌年の春、講師をしてくれませんか、という依頼をいただき、

それから大学の非常勤講師となりました。

 

今している仕事も好きだけど、もっとチャンスはないだろうかと、

まめに見ていた求人情報がきっかけだったのです。

 

有り難い話ですが、そもそも現状に満足をして、

求人情報を見ていなければ気づくことのできないことでした。

 

「今の自分より少しだけ上を目指したい」

 

そういう気持ちでアンテナを張り続けていれば、

きっと偶発的なチャンスが巡ってきますよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする