はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第94話の女性のスマート・キャリア的テーマは「人を笑顔にする」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日は娘の高校の野球部、甲子園の県予選3回戦です!

前回は仕事で行けなかったけど、今日はガッツリ観に行きます!

 

試合開始は3時間後、今から落ち着きません・・・。

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリア・コンサルタント目線で分析していきましょう。

 

今日のテーマは「人を笑顔にする」です。

 

直線裁ちのワンピース、いいですね!

作ってみたくなりました。

 

今、着物リメイクが見直されていますが、

当時は本当の意味で、着物から洋服への転換期なので、

うまくいけばみんなが一斉に注目するでしょうね。

 

今日の印象的なシーンは綾の嬉しそうな表情。そして、

 

どんなにみじめでも、おしゃれしたいって気持ちだけは

「忘れてはいけないことだと思ったわ」

 

というセリフ。

 

綾はあまりの生活の苦しさに、

子どもの服に穴があいていても見過ごしてしまうほど

気持ちが滅入ってしまっていました。

 

でも久しぶりにおしゃれな服を着て感じたワクワク感で、

思い出したのですね。

 

綾のすがすがしい笑顔も印象的だったし、

カフェで働く他の女性たちの喜びようも微笑ましかったです。

 

常子たちが出した最初の雑誌「スタアの装ひ」は、

ある意味自己満足に近いものだったのかもしれませんが、

今度の雑誌は手に取って読む人に寄り添って作られたものになりそうです。

 

読んだ人が思わず笑顔になるような雑誌。

それを見て、雑誌の作り手もまた笑顔になる。

 

こんな、プラスのスパイラルへと進んでいるような気がします!

 

人を笑顔にすることは、自分の生きがいにもなる、

Okeiはそう思います。

 

仕事でも、私生活でも、周りの人が喜んでくれたらいいなと、

そういう思いを大切にしたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする