はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第96話の女性のスマート・キャリア的テーマは「高木は風に折らる」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日はFP協会和歌山支部の金銭教育セミナーの日でした。

 

Okeiは支部運営に携わっているのですが、

毎年この時期に夏休みの小学生向けのイベントを行っています。

 

今回は親子で参加していただき、一緒にお金の使い方や

おこづかい帳のつけ方などを学んでいただくものでした。

 

母親目線で考えてみると、小学生の夏休みは

母としてはけっこう悩ましいのです。

毎日何をして過ごさせようか、自由研究はどうしようかと、

ずっと考えてしまいます。

 

なので、こういうイベントがあると助かるんですよね。

少しでも助けになればと思います。

 

今日もかわいい小学生がたくさん参加してくださいました。

ありがとうございました。

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリア・コンサルタント目線で分析していきましょう。

 

今日のテーマは「高木は風に折らる」です。

 

実は、「出る杭は打たれる」にしようかと思ったんですが、

けっこうよく使っているような気がして・・・。

 

せっかくならいろんなことわざを調べてみようと思い、

同義のものを探していて見つけました。

 

デジタル大辞泉によると、

 

「高い木ほど風当たりが強く折れやすい。地位や名声の高い人ほど

他からねたまれて身を滅ぼしやすいことのたとえ」

 

とのこと。

 

常子は「あなたの暮し」がさらに売れるように、何かできることはないかと

ず〜〜〜〜〜っと考え続けているようです。さすが社長!

 

そして、新聞社と提携して、

直線裁ちの服を作る講座を開こうと提案します。

 

新聞社との提携が決まり、新聞に案内が載ると

参加希望者からの申し込みが殺到しました。

 

が、実はその申し込みは、常子たちの活躍に危機感を抱いた、

洋裁学校の先生が意図的に大量に送ったもので・・・。

 

結局、講座には誰も来ることはなく、

常子は新聞社の人に頭を下げ、悔しい思いをすることに。

 

花山さんは、

「社長として、今後の糧にしなさい。

少し舞い上がっていたんじゃないか」

 

と、辛口のコメント。

 

でも、それは的を射ていると思います。

 

うまくいっている時ほど、気をつけなさいと、

経営者のみなさんはよく言っています。

 

常子は決して気を緩めたわけではありませんが、

思わぬ嫌がらせを受けてしまいました。

 

痛い目に合ってしまったけど、だからこそ、

次からは気を付けることができます。

 

常子たちは社会的に目立つ存在になってきており、

外からの見え方も気にしないといけない立場に立ったということなのでしょう。

 

「高木は風に折らる」

 

でも、生きている限りまた枝を伸ばせばいい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする