calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第101話の女性のスマート・キャリア的テーマは「道具にこだわる」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日は大学の春学期の授業最終回でした。

15回が無事終了〜。ほっとしました。

 

15回ともなると、担当しているクラスの学生のことが

なんとなくわかってきて、なかなか楽しいです。

 

夏休みでまたどんな変化があるのかも、楽しみです。

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリア・コンサルタント目線で分析していきましょう。

 

今日のテーマは「道具にこだわる」です。

 

 

花山さんに黙って広告を載せることを決めた常子。

 

こうなると、花山さんのこだわりが強すぎるんじゃないの〜?と

思ってしまいます。

 

出版できなくなってしまうと、元も子もないし・・・。

 

とは言え、そのこだわり、尖ったところがあるからこそ、

他の人が妥協してしまうことも決して妥協せず、

他の人が成し遂げられないことを成し遂げられるのだと思います。

 

道具へのこだわりもそう。

 

美子と鉛筆を探しに行くシーンで、

書く道具にこだわることで

 

「そうやって、選んだ道具でやった仕事には

一層愛着が深くなり、一生忘れられないものになっていく」

 

と語ります。

 

ズキュンときました〜。

 

仕事の道具にこだわるのは、プロとして大切なこと。

 

Okeiは講師として、小道具を大切にしています。

 

プレゼンをする時に、レーザーポインタは使いません。

指の形の差し棒を使います。

 

クスっと笑いをとるためと、

レーザーよりも私に合っていると思うからです。

 

気に入っている道具を使うと気分が良くなります。

仕事の質も上がるのです。

 

プロとして、こだわっている道具はありますか?

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする