calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「とと姉ちゃん」第113話の女性のスマート・キャリア的テーマは「何かの始まりは何かの終わり」

JUGEMテーマ:とと姉ちゃん

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

昨日、8月11日は何の日だったかご存知でしょうか。

そう、初めての山の日です。

 

そして・・・○○回目のOkeiの誕生日です!

ええいもう、隠しても仕方がない、46回目の誕生日です!(笑)

 

母が入院しているのでお見舞いに行ったりしていて、

特に何事もなく過ごした誕生日だったのですが、

今日、笑び茶び庵のメンバーでミーティングをしている時に、

社長からケーキの差し入れがあり、みんなでお祝いをしてくださいました♪

 

 

嬉しかったです!ありがとうございました!

 

こんなサプライズがあるなら、歳を取るのがますます楽しみになります矢印上

 

さて、今日も「とと姉ちゃん」を

キャリア・コンサルタント目線で分析していきます。

 

今日のテーマは「何かの始まりは何かの終わり」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は第78話の時に、こんなタイトルで書いたのですが・・・

 

「何かの終わりは何かの始まり」

 

この時は、日本が戦争に負けて日本中が暗く落ち込んでいる時に、

常子は新しく始まる戦争のない生活に期待を寄せていて、

終わったことにくよくよするばかりではなく、

前向きに新しいことに目を向けましょう、という思いで書きました。

 

今回は、新しく何かを始めようとするとき、

その裏では何かが終わるという事実があるということを

受け止めましょうという思いを書きたいと思います。

 

鞠子が結婚式前夜、かか、常子、美子とご飯を食べながら

この家族でご飯を食べるという当たり前のことが、

この先できなくなるということを寂しがります。

 

そうなんです。何か新しいことを始めるとき、

新しい世界に足を踏み入れるとき、

その新しいワクワクばかりに目を向けていると、

終わってしまう何かに気付かないことがあります。

 

鞠子の場合は結婚生活という幸せが始まる一方で、

今までの家族と過ごすという幸せは終わるのです。

 

この両方にしっかりと目を向けて受け止めておく必要があります。

 

例えば、就職をしたらお給料が毎月もらえる♪

一人前になれる♪という幸せが始まりますが、

長期の旅行に出かけたり、朝寝坊したりという生活は終わります。

 

子どもが生まれたら、新しい家族との幸せな生活が始まりますが、

夫婦二人でのお出かけや、休日を優雅に過ごす、なんてことは終わります。

 

終わる方を受け止められていないと、「こんなはずじゃなかった」と、

せっかく始まった新しい幸せも、幸せではないように感じてしまいます。

 

自分の人生に起きる変化を俯瞰して、

「何かが始まる時には何かが終わる」ものなのだと、

納得してこそ、新しい始まりを思う存分楽しめるのです。

 

鞠子はどうやら、どちらもしっかりと受け止められているようです手

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする