はじめまして!和歌山のキャリアコンサルタント山本桂子です。自分の足で立ち、自分らしくキラキラと輝いている女性って素敵ですよね。あなたの人生は親のものでも夫のものでも子どものものでもなく、あなた自身のものです。私は「桜梅桃李」という言葉がとても好きです。桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく咲くことが美しいのです。あなたの中にあるかけがえのないあなたらしさを肯定して生きることができたら素晴らしいと思いませんか。そんな女性の生き方を支援します。朝ドラブログはほぼ毎日更新♪サイドメニューから研修やワークショップのご案内もしていますので、よかったらどうぞ♪

「べっぴんさん」第3話の女性のスマート・キャリア的テーマは「思いを込める」

JUGEMテーマ:NHK朝ドラ「べっぴんさん」

JUGEMテーマ:女性の生き方

 

綺羅女プロデューサーOkeiです。

 

今日は台風が来るかもしれない、でも、遠方の仕事が・・・

ってことで、けっこうドキドキしながら台風の行方を見ていたのですが、

まともに来ることなく、予定通り仕事が終了。ほっとしました。

 

学生の頃は、台風を待ち望んていたのに(笑)

 

さて、今日も「べっぴんさん」を

キャリアコンサルタント目線で分析しましょう。

 

今日のテーマは「思いを込める」です。

 

 

靴屋の麻田さんの職人ぶり、かっこよかったですね!

すみれと同じように、ぽ〜〜〜〜〜〜〜〜っとなりながら見ていました。

あんな風に、自分の靴を作ってもらえたら幸せだろうな〜。

靴をオーダーするなんて、考えたことなかったな。

 

その、麻田さんがすみれに話したこと。多くの学びがありました。

 

「思いを込めて仕事をしたら、いつの間にかうまくなっている」

職人さんの言葉ですね。

 

仕事とは、結果を出さないといけないものです。

 

靴職人なら、お客様の靴を作るのが仕事。

でも、ただ作るだけでいいんでしょうか?

 

お客様一人一人のことを考え、その人に喜んでもらいたい、という気持ちがなければ、

いい仕事はできないんですよね。

 

Okeiは、講師とカウンセリングの仕事をしています。

 

カウンセリングは、目の前にいる人に、ちょっとでも

気分よくなって帰ってもらいたいという気持ちでしています。

 

講義は、1対多ではあるけれども、一人一人に向けてメッセージを送るつもりで

準備段階からどういうテーマで話せば喜んでもらえるかを考えています。

 

でも、駆け出しの頃はとてもじゃないけど、

そんな気持ちの余裕はありませんでした。

 

とにかく、与えられた時間が無事に終わってほしい。

そんな気持ちだったような気がします。

 

そこから回を重ねるごとにクライエント、受講者の顔がよく見えて来て、

何を求められているのかを考えられるようになり、

試行錯誤しながら現場経験を積んで、だんだんと仕事の質が上がってきたような気がしています。

 

麻田さんが言うように、喜んでもらいたいという思いの下で仕事をしているうちに、

だんだんできるようになってきたんですね。

 

形も大切だけど、心がなくてはいけない、

逆に、心さえあれば、形は後からついてくる、ということでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用相談室もやってます



コメント
コメントする